アーノロン症候群、租唖、比尾山大噴火

週刊少年ジャンプ 2020 41号に掲載の「チェンソーマン」


「色々な厄災には同じ名前の悪魔がいて、チェンソーマンがそれらの悪魔を食べると、
人々の記憶からそれらがなくなる」ということらしいのです。


かつてあったといわれる厄災をヒロインのマキマが羅列するのですが、その中にアーノロン症候群、租唖、比尾山大噴火と言う言葉が出てきました。

週刊少年ジャンプ 2020 41号 チェンソーマン 282P より引用
週刊少年ジャンプ 2020 41号 チェンソーマン 283P より引用

恐らくは私が知らないだけでネットで調べれば出てくるだろうと思い検索したら、
どうやらそのような言葉はないみたいでした。

本当の中に嘘が混ざると分からなくなるといいますが、そういうことですね。
不気味な感じでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Pascoサンドロール

次の記事

ウェイパーが便利